春服と秋服を兼用するポイントは?

春服と秋服を兼用するポイントは?

近頃の日本の気候は、春と秋が短くなっている気がします。春服や秋服を購入しても、出番がないままタンスの引き出しに眠っているというブラウス等もあるのではないでしょうか。

春服や秋服を購入するときは、春と秋と兼用で着られるものがベターです。春というとパステルカラーが浮かびますが、これは避けた方が無難です。春オンリーになってしまう可能性があります。

春色のピンクよりはベージュピンクを選んだり、パステルの水色ではなく少しくすんだ感じの水色にする、エメラルドグリーンではなくシックな感じのグリーンにすると、春秋兼用で着用することが出来ます。ブラウスやカットソーなら、その季節に合った色のカーディガンを羽織ればOKです。

同じ花柄でも、ピンクの花柄だと春のイメージですが、茶色や山吹色やオレンジ系統の花柄のスカートなら春服としても秋服としても活躍できるでしょう。

関連記事

  1. 春服でナチュラルなファッション通販サイトは?
  2. 春服っていつから販売されますか?
  3. 春服と秋服の違いって?
  4. 春服の着回しテクとは?
  5. 春服のメンズコーデにおすすめのアイテムは?
  6. 春服で大きいサイズを扱ってるブランドは?
PAGE TOP